葉酸をきちんと摂っていると胎児がダウン症にならないの?

妊婦さんにとって最も重要なことは、妊娠中の時期を健康な状態で過ごし、無事に出産をするということです。

 

そして、健康な子どもを産みたいと誰もが願っています。

 

妊娠前後から出産までの過ごし方に気をつけていないと、産まれてくる子どもに先天性の異常が見られることがあるため、注意しなければなりません。

 

たとえば、染色体異常の1つとして知られるダウン症という疾患があります。

 

ダウン症などの先天性異常を確実に防ぐのは難しいですが、発症するリスクを減らす方法はあるので、正しい知識を身につけることが大切です。

 

ダウン症という名称を耳にする機会は多いですが、具体的にどのような疾患なのか、何が原因で発症するのかについては詳しく知らないという人もいます。

 

妊活に取り組む上では、先天性異常についても十分な勉強をしておく必要があります。

 

一般的にダウン症と呼ばれるようになっていますが、正式な名称はダウン症候群です。

 

原因は染色体の突然変異ですが、なぜ起こるのかについて明確なことは分かっていません。

 

21番目の染色体が3本あることで起こるのがダウン症です。

 

染色体は、2本で1組となっているのが正常な状態なのです。

 

染色体の異常にはさまざまなものがありますが、特に起こる頻度が高いのはダウン症だといわれています。

 

ダウン症は偶発的に起こる生まれつきの疾患なので、誰にでも起こる可能性があります。

 

どのような生活状況だとしても、確実にダウン症の発症を防ぐことはできないのです。

 

しかし、ダウン症の子どもが産まれやすい状況というのもあるので、その状況に当てはまる妊婦さんはより注意をすることが求められます。

 

たとえば、高齢で出産しようとしている場合は、若いときに出産する場合と比べてダウン症の確率が高くなってしまいます。

 

胎児がダウン症になるリスクを軽減させる方法として注目されているのは、しっかりと葉酸を摂取するということです。

 

葉酸は妊婦さんや胎児にとって重要な栄養素なので、妊活をしているときには積極的に摂取している人が多いです。

 

葉酸の働きには非常に多くのものがあり、ダウン症の予防にもつながると考えられるようになっています。

 

葉酸は、妊娠しているから摂取しなければならない栄養素というわけではないので、早い段階から摂取を始めることが大切です。

 

妊娠する前の妊活中から摂取するのが基本となります。

 

胎児が成長していく過程で、神経管閉鎖障害などの症状が出てくることがあります。

 

神経管閉鎖障害は、妊娠初期の重要な段階で脊椎などの形成が正しく行われなかったことによる先天性異常です。

 

葉酸にはこのような先天性異常を軽減させる効果があるため、しっかりと摂取しなければならないとされているのです。

 

ダウン症は神経管閉鎖障害とは別の疾患ですが、神経管閉鎖障害のリスク軽減に有用な葉酸が、ダウン症のリスク軽減にも役立つのではないかと考えられるようになり、研究が進められてきました。

 

出産を控えている女性にとって、胎児がどのような状態で生まれてくるかというのは重要な関心事です。

 

リスクを減らせる可能性があることには、積極的に取り組んでいくことが望ましいといえます。

 

葉酸は、妊娠中の女性がもともと摂取している栄養素なのですから、ダウン症のリスク軽減のためにも意識的に摂取することが大切です。

 

ただし、葉酸を大量に摂取することだけでダウン症などの疾患を防ぐことができるわけではありません。

 

過剰に摂取してしまうことで別のトラブルにつながる可能性も出てくるので、摂取量にも注意する必要があるのです。

 

葉酸の摂取量が足りていないと感じている女性や、妊娠初期にはあまり摂取していなかったという女性は、次第に不安が強くなってしまうものです。

 

しかし、気づいた時点で摂取するように意識すればよいのです。

 

ダウン症が発症するリスクは誰にでもあるもので、葉酸を摂取していれば確実に防げるというわけではありません。

 

葉酸不足以外にも、さまざまな原因があるわけです。

 

妊婦さんにとって大切なことは、お腹の中の胎児が健康に育っていくことを願いながら、規則正しい生活を送るようにすることです。

 

胎児が健康的に成長していくためには、妊婦さん自身が健康的な状態を維持しなければなりません。

 

余計なストレスを抱え込んでしまうと、胎児にも影響が出てしまうことがあります。

 

ダウン症をはじめとした先天性の疾患や異常について考えることは重要なことですが、考えすぎてしまうのは好ましくありません。

 

しっかりと葉酸を摂取するように心がけ、健康的な生活を送ることが何よりも大切だといえます。

 

妊娠中には、不安を感じることが多くなります。

 

胎児に十分な栄養を与えられているのかが気になり始めると、もっと栄養を摂取しなければ、という気持ちが生まれます。

 

しかし、葉酸は1日の摂取量を守っていれば十分なのです。

 

これまで足りていなかった分を取り戻そうとする必要はありません。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓