葉酸を摂ることで偏頭痛の頻度を減らすことが期待できます

風邪を引いたわけでもないのに、日常的に頭痛に悩まされることが多い人がいます。

 

日本人の場合、慢性型の頭痛というのは決して珍しいものではなく、3割くらいの人が抱えているといわれているのです。

 

また、慢性型の頭痛は女性の方が起こりやすいです。

 

妊娠を考えていない女性であれば、比較的気軽に頭痛薬・鎮痛剤などを飲むことができますが、妊娠している女性が頭痛に悩まされている場合は厄介なことになります。

 

胎児への影響を考えなければならないため、薬を飲むことには慎重にならざるを得ません。

 

普段から偏頭痛で辛い思いをしている人は、早めに対処することが必要です。

 

偏頭痛が起こる原因としては、脳の血管が拡張することが大きいと考えられています。

 

日常的に偏頭痛に悩まされている女性は少なくありませんが、妊娠すると治まることが多いです。

 

偏頭痛が完全に起こらなくなれば鎮痛剤の服用を考える必要もなくなり、余計なストレスからも解放されます。

 

しかし、出産してから再発する可能性はありますし、妊娠中に起こることもあるわけですから、しっかりと対処しておかなければなりません。

 

偏頭痛を確実に防ぐ方法というのは、残念ながら存在していません。

 

脳の血管が関係しているケースだけでなく、さまざまな原因があって、全ての原因を取り除くことは極めて困難です。

 

したがって、偏頭痛の悩みをなくすことを考えるのではなく、頻度を減らすことを考えるようにしていくことが大切だといえます。

 

偏頭痛の頻度を減らすのに役立つものとして、葉酸が注目されています。

 

妊活を始める前の女性の場合はあまり葉酸について意識していませんが、妊活を始めれば葉酸を積極的に摂取することになるのが普通です。

 

もともとは偏頭痛の悩みがなかったという人の中には、妊娠してから偏頭痛が起こるようになったという人もいます。

 

妊娠中の偏頭痛は、妊娠していないときの偏頭痛とは異なる原因で起こることが多いです。

 

主に2つの原因が考えられています。

 

1つは黄体ホルモンです。

 

妊娠初期には黄体ホルモンの分泌が活発になるため、血管が拡張しやすくなります。

 

ただ、黄体ホルモンの分泌はいつまでも活発に行われるわけではないので、妊娠16週目頃になると次第に偏頭痛も治まってきます。

 

それほど神経質になる必要はありません。

 

もう1つの原因は鉄分不足です。

 

鉄分の不足は酸素不足にもつながり、しっかりと酸素を送ろうとして血管拡張が起こります。

 

その結果、偏頭痛が起こるようになるのです。

 

鉄分が不足すると、胎児にも大きな影響が出てしまうため、意識的に鉄分を摂取するように心がける必要があります。

 

もちろん鉄分ばかりを摂取すればよいというわけではありません。

 

妊娠中は、さまざまな栄養素をバランスよく摂取していくことが大切です。

 

サプリメントを上手に活用することで、さまざまな栄養素を摂取することができます。

 

妊活に取り組んでいると、頻繁に耳にすることになるのが葉酸です。

 

葉酸というと、胎児の先天性異常リスクを軽減させたり、栄養不足を予防したり、妊婦さんの貧血を軽減したりする作用が注目されています。

 

妊活中や妊娠中には、欠かすことのできない栄養素の1つなのです。

 

しかし、葉酸が持っている作用は他にもあって、偏頭痛の発生頻度を軽減することも期待できるとされています。

 

そこで、鉄分などと合わせて葉酸を積極的に摂取することが大切です。

 

妊活中や妊娠中の女性にとっては、一石二鳥ともいえる栄養素となっています。

 

健康的な生活を送ることができている女性は、実際には栄養不足の状態だったとしても、そのことを自覚できていないことがあります。

 

しかし貧血・偏頭痛などの具体的な症状が出てきてから、慌てて栄養を摂取しようとするのでは遅すぎます。

 

葉酸は妊娠していない人にとっても摂取した方がよい栄養素の1つなので、栄養不足かどうかとは関係なく摂取するように心がける必要があります。

 

早めに十分な葉酸の摂取をすることで、偏頭痛をはじめとした悩みを軽減させることができる可能性が高まるのです。

 

偏頭痛を予防する効果が期待できるものが、葉酸や鉄分に限られているわけではありません。

 

さまざまな栄養素をバランスよく摂取することで、葉酸を摂取する効果を得やすくなります。

 

そのため葉酸を食品から摂取するよりも、葉酸サプリを飲む方が効率的なのです。

 

葉酸サプリには、ビタミンなどの成分も豊富に含まれています。

 

葉酸などの栄養素を摂取することが偏頭痛の頻度を減らすことにつながるとしても、栄養素を摂取することだけで満足してしまうのは考えものです。

 

妊娠中の女性は、あまり体を動かさなくなってしまうものですが、適度な運動をすることは極めて重要だといえます。

 

ただし、あくまでも適度な運動をするということに注意しなければなりません。

 

疲れてしまうほどの運動は厳禁で、ちょっとしたウォーキングなどを行うことが望ましいです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓