35歳を過ぎた高齢出産のリスクを減らすために葉酸は必要

35歳以上の女性が子どもを出産することを高齢出産といいますが、若い女性が出産するのと比べてリスクがあるといわれています。

 

高齢出産だからこそのメリット・喜びがあるのも事実なのですが、きちんとリスクについて考え、妊活に取り組むようにしなければなりません。

 

高齢出産に臨む女性の場合、若い女性と比べてスムーズに妊娠することができずに苦労する日々が続いてしまうことが多いです。

 

また、妊娠することができたとしても、子どもが染色体異常の状態で生まれてきたりするリスクも大きいことに注意する必要があります。

 

妊活を進めていく上では、しっかりと葉酸を摂取することが大切です。

 

葉酸は妊娠するためだけに摂取するものではなく、美容・健康を意識している人にとっても役立ちます。

 

したがって、妊活をしていない人でも摂取した方が望ましいといえるわけですが、妊活を始めるようになったら特に意識的な摂取が求められるのです。

 

妊活をしている段階から葉酸を十分に摂取している人は、妊娠してから胎児がスムーズに成長できるようになったり、めまい・立ちくらみなどの症状を予防したりすることができます。

 

妊娠したことが分かってから葉酸を摂取する人も少なくありません。

 

妊活を自己流の方法で進めてきた人の場合、母子手帳を受け取って初めて葉酸の重要性に気づくことがあるためです。

 

もちろん妊娠してから葉酸の摂取を始めるのでも意味はあるのですが、できるだけ早い段階から摂取することが望ましいとされています。

 

20代前半などの若い女性であれば、葉酸を摂取するタイミングが遅れていても、それほど深刻な問題にはならないものです。

 

しかし35歳以上の高齢出産を考えている女性の場合は、葉酸を摂取しているかどうかが妊娠・出産に大きく影響してしまいます。

 

35歳以上になると、どうしても妊娠しにくい体になってしまいます。

 

男性の精子と異なり、女性の卵子は新たに作られることがなく、年齢が上がるにつれて減っていく一方だからです。

 

また、数が減っていくのと同時に老化も進んでしまいます。

 

卵子が老化したり、数が減ってしまったりすれば、妊娠しにくくなることは言うまでもありません。

 

葉酸を摂取するように心がけていたとしても、残念ながら卵子の数を増やすことはできないのですが、卵子の老化については防ぐことが可能なので、積極的に葉酸を摂取しなければならないといえます。

 

高齢出産のリスクは、妊娠しにくいという点だけではありません。

 

たとえば、母体にかかる負担が大きくなってしまう点も挙げられます。

 

若い女性と比べて体調を整えるのが難しく、病気になってしまうリスクが高まります。

 

高血圧・むくみといった症状が出てくることが多いです。

 

食生活・生活習慣を見直して、十分な栄養を摂取するように心がけることで、このようなリスクを減らすことができます。

 

葉酸と合わせて、さまざまなビタミン・ミネラルを摂取することが重要になります。

 

高齢出産に臨む際に意識しておくべき最大のリスクは、生まれてくる子どもに染色体異常が起こり、ダウン症などの症状が出てしまう可能性があることです。

 

この点に関しても葉酸が重要な役割を果たします。

 

葉酸をしっかりと摂取すると、ダウン症のリスクは軽減するといわれているのです。

 

葉酸は細胞分裂に深く関わっている栄養素なので、葉酸の摂取が正常な細胞分裂に作用し、染色体異常を予防することができます。

 

もちろん葉酸不足が直ちに染色体異常につながるということではないので、葉酸を摂取したからといって確実に異常が起こらなくなるわけではありません。

 

しかしリスクを軽減できる可能性が高まるのですから、積極的に葉酸を摂取することが大切だといえます。

 

高齢出産をする場合、流産してしまうリスクも考えなければなりません。

 

流産と一口に言っても、先天性奇形による流産・化学流産・稽留流産という3つがあるのですが、これらのリスクを葉酸の摂取によって軽減させることができます。

 

先天性奇形は、胎児が十分に成長できないことによって発生するものなので、胎児の成長を助ける葉酸が重要な役割を果たします。

 

化学流産は、着床には成功しても定着できずに排出されるというものです。

 

葉酸には子宮内膜を強化する働きがあり、化学流産を予防します。

 

そして稽留流産は胎児の未発達が原因となるものなので、やはり葉酸によって胎児の成長を助けることが重要だといえるのです。

 

高齢出産というと、それだけで危険なイメージを持ってしまうこともありますが、正しく妊活に取り組むようにしていれば必要以上に恐れることはありません。

 

ただ、摂取する葉酸の質や量には細心の注意を払う必要があります。

 

良質な葉酸サプリを飲むようにすることが大切なのです。

 

葉酸を食事だけで摂取するのは、高齢出産に臨む女性にとっては好ましくありません。

 

どうしても量が不足してしまうためです。

 

さまざまな栄養素が配合された葉酸サプリを活用することが求められます。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓