厚生労働省はなぜ天然葉酸ではなく合成葉酸を推奨するのか

妊活をしているときに葉酸を摂取しなければならないということは、多くの人が知っていることです。

 

しかし、葉酸と一口にいっても、天然葉酸と合成葉酸があることに注意しなければなりません。

 

やみくもに葉酸を摂取しようとすると、適切に摂取することはできなくなってしまうのです。

 

葉酸を摂取し始める前に、正しい知識を身につけることが大切だといえます。

 

妊活中・妊娠中に葉酸が足りなくなると、葉酸欠乏症という症状になってしまい、さまざまな弊害が生じる可能性があります。

 

しかし、良質な葉酸を摂取するようにしなければ、摂取する意味がないのです。

 

葉酸について考えるときは、言葉の表面的なイメージに囚われないようにしなければなりません。

 

天然葉酸と合成葉酸の2種類があると聞くと、なんとなく天然葉酸を摂取した方がよいという印象を受ける人が多いものです。

 

一般的には、できるだけ天然のものを取り入れるように心がけていて、合成というと変なものが混ざっているような気がしてしまいます。

 

しかし葉酸の場合は、天然だから安心して摂取することができるというわけではありません。

 

むしろ、合成葉酸の方がスムーズに摂取することができるため、厚生労働省も合成葉酸を推奨するようになっているのです。

 

ここで、厚生労働省が推奨しているから合成葉酸を摂取するようにしよう、と単純に考えてしまうのも問題があります。

 

厚生労働省は国の組織ですから、国民に対して危険なもの・好ましくないものを推奨するということは考えられません。

 

しかし、なぜ天然葉酸よりも合成葉酸を推奨しているのかをきちんと理解するようにしないと、安心して摂取することはできないはずです。

 

国が推奨しているのだから間違いないと思ってしまうのは、妊活中・妊娠中という重要な時期には避けるべき態度だといえます。

 

葉酸を摂取しなければならないのは、妊婦さんが貧血になってしまったり、お腹の中の胎児に先天性異常が発生したりするのを防ぐためです。

 

とりわけ妊娠の初期段階では、十分な葉酸が必要とされています。

 

しかし天然葉酸を十分に摂取しようとしても、思うように摂取することはできません。

 

天然葉酸というのは野菜などに含まれているもので、まさに天然の栄養素なので安心感があるように思えるわけですが、体内への吸収率という面から考えると非常に効率が悪いのです。

 

葉酸は、熱や水に弱いという致命的な弱点のような性質を持っています。

 

食品の中に存在している葉酸は、全てが体内に吸収されるわけではなく、調理しているときに相当な部分が失われてしまうのです。

 

天然葉酸を摂取することにはデメリットがあることが分かります。

 

これに対して合成葉酸は、しっかりと体内に吸収させることが可能です。

 

合成というと悪いイメージを抱いてしまうものですが、合成だからといって体に有害だというわけではない点に注意しなければなりません。

 

天然葉酸だから安心で合成葉酸だから危険なのかというと、そうではないのです。

 

天然葉酸であっても、体内に入って吸収されるときには合成葉酸に変化しています。

 

つまり合成葉酸というのは、天然葉酸が変化して生じるものを人工的に作ったものなのです。

 

葉酸を摂取する際は、1日あたりの目安量や上限を意識しなければなりません。

 

厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、1日に400マイクログラムとされています。

 

ただし、これは合成葉酸を摂取することを前提とした量だということに注意しなければなりません。

 

天然葉酸と合成葉酸とでは体内への吸収率が異なっていて、合成葉酸の場合は85%という高い数値となっているのですが、天然葉酸の場合は50%になってしまいます。

 

したがって、天然葉酸を400マイクログラム摂取しようとすると、実際に吸収されるのは200マイクログラムということになるため、明らかに不足してしまいます。

 

合成葉酸を400マイクログラム摂取しようとすれば、340マイクログラムになるわけです。

 

野菜を食べるなどの形で天然葉酸を摂取するのは、調理する過程で失われやすい上に吸収率も低くなってしまうわけですから、極めて効率の悪い方法だといえます。

 

厚生労働省としては、効率よく摂取できるようにした方がよいと考えているため、合成葉酸の方を推奨するようになっているのです。

 

妊活というのは、早く妊娠したいと願う人が行うわけですから、できるだけ厚生労働省が推奨している方法を用いることが望ましいといえます。

 

合成葉酸を摂取する際に用いるのは、葉酸が配合されているサプリメントです。

 

サプリメントは、1日400マイクログラムという目安量を考慮して作られています。

 

そのためサプリメントを適切な形で飲むようにすれば、必要な葉酸を過不足なく摂取することができるメリットがあるのです。

 

天然葉酸よりも合成葉酸が推奨されているからといって、合成葉酸を過剰に摂取することは避けなければなりません。

 

適量を守ることが大切なのです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓