妊娠中に葉酸を摂らないと神経性障害児のリスクは上がるの?

妊娠中には、積極的に葉酸を摂取しなければならないといわれています。

 

昔は葉酸の重要性がそれほど注目を集めていなかったのですが、母子手帳にも葉酸に関する記載がなされるようになった2002年度以降には、多くの人が葉酸のことを知るようになりました。

 

なぜ妊娠中に葉酸を摂取する必要があるのかというと、妊婦さんが健康を維持するのが難しくなってしまうだけでなく、胎児にさまざまな影響が出てしまうことがあるためです。

 

胎児に見られる影響としては、主に神経性の障害が挙げられます。

 

ただし神経性障害児が生まれるリスクというのは、葉酸を摂取していれば確実に減少するというものではありません。

 

同様に、葉酸を摂取していなかったら神経性障害児が生まれると決まっているわけでもないのです。

 

そのため、妊活をしていたときに葉酸を摂取していなかったという人も、あまり不安になる必要はないといえます。

 

妊活に取り組んでいる最中は、とにかく妊娠することを第一に考えて行動します。

 

子どもがどのような状態で産まれてくるかという点を、妊活の段階で考えていても意味がないともいえます。

 

しかし、早い段階から胎児に先天性異常が起こらないようにすることを考えていくことは、非常に大切なことなのです。

 

妊娠して母子手帳を受け取ったところで葉酸のことを知ったという人は、それまでに葉酸を摂取していなかったことを後悔しても何の意味もないわけですから、将来に向けて葉酸の摂取をするように心がけていくしかありません。

 

しかし早い段階で葉酸の重要性に気づくことができれば、胎児への影響を考えながら行動することができます。

 

神経性障害・先天性異常などという言葉を聞くと、非常に恐ろしいものだと思えてきます。

 

葉酸の摂取を始めるのが遅かった人にとっては、とりわけ深刻な問題になってしまうものです。

 

とはいえ、恐ろしいと感じてしまうのは知識不足が原因となっていることが多いです。

 

しっかりと神経性障害・先天性異常について学ぶようにすれば、それほど気にしなくてもよいということが分かってきます。

 

葉酸の摂取についても、いつから摂取しなければならないという明確な決まりはないので、重要性に気付いた段階で摂取するように心がければ問題ありません。

 

神経性障害のことを考えすぎてしまうと、過剰なストレスを抱えることになり、そのことがスムーズな出産の妨げとなってしまうのです。

 

昔は葉酸を摂取することが、特に難しいことではありませんでした。

 

野菜などに多くの葉酸が含まれていて、特別な意識をしていなくても十分な葉酸を摂取することができる状況だったのです。

 

しかし現代では、野菜の栄養価が昔とは異なっていて、野菜を食べているだけでは十分な葉酸を摂取することができません。

 

葉酸を摂取するためには、葉酸サプリを飲むことが必須なのです。

 

サプリメントに対して抵抗感を持ってしまう人もいますが、胎児の神経性障害のリスクを軽減させたいのであれば、積極的に葉酸サプリを飲むようにしなければなりません。

 

葉酸サプリは、葉酸を効率よく吸収させるための最高の方法だとされています。

 

食品を食べることでも、確かに葉酸を摂取することは可能です。

 

しかし、葉酸サプリを飲むのと比べると体内に吸収される量が限られてしまいます。

 

妊活中や妊娠中という時期は、胎児の健康を第一に考えなければならない重要な時期なので、サプリメントに対する抵抗感があるという理由だけで葉酸サプリを避けてしまうのは好ましくありません。

 

葉酸を十分に摂取するように気をつけていれば、摂取していない状態と比べて神経性障害児のリスクを減らすことができるのです。

 

もちろん葉酸を摂取しているからといって、リスクから完全に解放されるというわけではありません。

 

葉酸サプリを飲むこと以外にも、規則正しい生活をしたり、健康によい食品を摂ったりするなど、さまざまな努力を重ねていくことが求められるのです。

 

葉酸を摂取することというのは、妊活中・妊娠中の注意点の1つに過ぎません。

 

また、時期・タイミングにも気を配る必要があります。

 

神経性障害や先天性異常、あるいは流産などのリスクを軽減させるためには、妊娠後1ヶ月から3ヶ月くらいの時期に葉酸を摂取していることがポイントになるのです。

 

妊娠しているかどうかは、妊婦さん自身がすぐに気づけることではありません。

 

妊娠していることが判明した時点で、ある程度の期間が経過しているのが普通なのです。

 

だからこそ、妊娠してから葉酸サプリを飲み始めるのではなく、妊活の段階から飲むことが大切だといわれているわけです。

 

ただし、過剰に神経性障害などのリスクを恐れるのはストレスにもつながり、結果的に胎児に悪影響が出てしまう可能性があります。

 

健康に問題がない夫婦の場合、一般的な夫婦がやっているような妊活をしていれば、特に神経性障害や先天性異常のリスクについて意識する必要はないのです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓