葉酸サプリは悪阻で食べることが辛い時の栄養補給にもなります

妊活に取り組んできた成果が実って妊娠することができると、とりあえずは気持ちが落ち着くものです。

 

しかし本当に大切なのは妊娠してからの時間なので、妊娠できたからといって安心しきってしまうことはできません。

 

妊娠できたことの喜びがずっと続けばよいのですが、妊娠中というのは楽しい時間ばかりではないのです。

 

たとえば、妊婦さんの多くが悪阻に悩まされるようになってしまいます。

 

悪阻の症状が全く起こらない妊婦さんもいるのですが、50%から90%もの妊婦さんが悪阻を経験したというデータもあるので、悪阻について正しい知識を身につけることが大切です。

 

悪阻の症状で最も悩ましいのは、思うように食事を摂ることもできなくなってしまうことです。

 

妊婦さんは、胎児に栄養を与えるために十分な食事を摂らなければなりません。

 

しかし悪阻の症状がひどくなると、食べ物の匂いに対して敏感になってしまい、食べることができなくなってしまうのです。

 

なんとか無理をして食べることができても、すぐに吐いてしまうことが多くなります。

 

食べても食べても吐いてしまうという状況が続くと、次第に体力を奪われてしまいますし、大きなストレスにもつながります。

 

妊娠中のストレスは、妊婦さん自身にとって苦しいだけでなく、胎児にも悪影響を及ぼしてしまうため、きちんと対処しなければなりません。

 

悪阻の症状が出てくるのは、妊娠してから5週くらい経った頃です。

 

大抵の場合、12週から16週くらいまでの間に症状が治まってきます。

 

ただし出産するまで悪阻が続いていたという妊婦さんもいるため、個人差があることに注意しなければなりません。

 

思うように食事をすることができないのが数日くらいなら、なんとか我慢することもできます。

 

しかし、数週間にも渡って何も食べずに過ごすことは不可能です。

 

悪阻で悩まされている期間に、どのような形で栄養補給をすればよいのか、しっかりと考えることが必要になります。

 

食べ物の匂いに敏感になっていて食べることができないときは、無理をして食べるのは禁物です。

 

結果的に吐いてしまうのでは、食べた意味はなくなってしまいます。

 

また、吐いてしまうことへの恐怖・不安が募ることで、ますます食べるのが辛くなってしまうこともあるのです。

 

そのため、食事をするのではなく、サプリメントを飲むことが有効だとされています。

 

もちろん、どのようなサプリメントでもよいというわけではありません。

 

安心して飲めるサプリメントを探さなければならないのです。

 

妊娠中の栄養補給は、お腹の中にいる胎児のためでもあることを忘れてはいけません。

 

良質な成分が配合されているサプリメントを飲むようにしないと、胎児の健康を害してしまうことになります。

 

さまざまなサプリメントがありますが、悪阻の最中に飲むサプリメントとしては葉酸サプリが適切です。

 

妊活をしているときから、葉酸を摂取することが重要だといわれます。

 

葉酸は妊娠してからも必要な栄養素で、むしろ妊娠の初期段階にこそ摂取しなければならないものです。

 

そのため、妊活をしていたときと同じように葉酸サプリを飲むようにします。

 

葉酸サプリには、葉酸をはじめとした多くの栄養素が配合されているのです。

 

悪阻がひどくて食事をすることができないときでも、葉酸サプリをしっかりと摂取するようにしていれば、栄養不足に陥ってしまうのを防ぐことができます。

 

ただし、匂いのある葉酸サプリを飲もうとすることは避けなければなりません。

 

悪阻で敏感になる匂いは、葉酸サプリも例外ではないのです。

 

悪阻で悩まされている妊婦さんにとって飲みやすい葉酸サプリも、多く発売されるようになっています。

 

妊娠してからも、妊活をしていたときと同じサプリメントを継続する必要はありません。

 

状況に応じて、飲みやすいと感じる葉酸サプリを選ぶようにすればよいのです。

 

また、悪阻で悩まされているときは粒が小さめの葉酸サプリにするのが望ましいです。

 

大きいサプリメントは、飲み込むのに苦労してしまいます。

 

葉酸を摂取することで、悪阻の症状が軽減されたと感じている妊婦さんもいます。

 

葉酸サプリで妊娠中に必要とされる栄養素を補給しながら、同時に悪阻の症状を和らげることができれば一石二鳥だといえます。

 

ただし、葉酸に悪阻の症状を和らげる働きがあるというわけではなく、葉酸と悪阻の直接的な関わりについて確実な証明がなされているわけではありません。

 

悪阻を和らげることができると思い込んでしまうと、症状に変化がなかったときに気持ちが沈んでしまうため注意が必要です。

 

妊娠中に特に求められるのは、十分な栄養補給をすることと、余計なストレスを溜め込まないことです。

 

栄養を摂らなければならないという義務感から無理に食事をするのは避けて、飲みやすい葉酸サプリを気軽に飲むようにすることが有効だといえます。

 

徐々に悪阻の症状が治まってきて、食事ができるようになったときに食べればよいのです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓