なぜ葉酸を妊婦が利用するのか|流産予防効果に注目

葉酸は、数多くの妊活女性が利用している事実があります。

 

公的機関からも、葉酸の摂取がおすすめされているのです。

 

こちらでは、葉酸をなぜ妊婦が利用するのか、といったことを流産予防の観点からお話します。

 

妊活が長期化している女性の多くが経験してしまうのが流産です。

 

そのリスクを少しでも下げる効果が葉酸にあるのでしょうか。

 

 

■妊娠初期に葉酸が足りないと様々なリスクが高まってしまう

 

・二分脊椎
・無脳症
・ダウン症

 

以上のリスクが胎児に高まってしまうのです。

 

この中で特に危険性が高いのが無能症です。

 

80%が死産になってしまい、残りは流産してしまいます。

 

脳や脊髄の成長がうまくいかない状態になってしまうので、結果的に死産や流産が増えてしまうのです。

 

葉酸は、胎児がそういった状態にならないためにも必要不可欠なものです。

 

海外では葉酸の摂取をさせた妊婦と、そうしなかった妊婦での比較が行われたことがあります。

 

葉酸の摂取をした方が、しなかった方よりも障害の発生が7割も減った、といった報告もされているほどです。

 

妊娠初期に葉酸を積極的に摂取することで、奇形と流産のリスクを決定的に下げることができます。

 

そもそも、厚生労働省といったお堅い機関からも、妊娠中の葉酸の摂取がおすすめであることが発表されているのです。

 

 

■気付かない流産を抑える働きが葉酸にある

 

・化学流産を抑える働きのある葉酸

 

化学流産はあまり知られているものではありません。

 

気づかないうちに流産してしまう症状なのです。

 

着床はしたのですが、定着することなくそのまま排出されてしまいます。

 

ちょっとした出血しかしないので、妊娠したことも流産したことにも気づきません。

 

なぜそんな状態になってしまうのかといえば、子宮内膜が大きく関わっています。

 

子宮内膜が弱っており、流産の状態を作り出してしまうのです。

 

しかし、葉酸を摂取していれば、子宮内膜の強化ができます。

 

葉酸には、粘膜を強化できる、といった作用があるのです。

 

子宮粘膜が強化されると受精卵をガードすることにもなります。

 

化学流産が発生せずに、そのまま妊娠状態をキープできるようになるのです。

 

 

■稽留流産を予防できる葉酸

 

・体内での栄養不足を解消する

 

母親は赤ちゃんに対して、体内に血液で栄養を送り込んでいます。

 

しかし、血行が悪くなってしまえば赤ちゃんに栄養が送られなくなってしまい、体内でなくなってしまうことがあるのです。

 

しかし、葉酸には血行を高める作用があります。

 

赤ちゃんへしっかりとした栄養が届けられるようになるので、稽留流産を予防できますよ。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓