病院でもおすすめしている葉酸の底力とは?

葉酸の摂取は、何もサプリメント業者だけがいっているのではありません。

 

産婦人科に行った音がある方は、先生から葉酸のサプリメントの利用をおすすめされたことはありませんか。

 

実際に、病院でもおすすめしているのです。

 

こちらでは、なぜ医療機関でも葉酸をおすすめしているのか、といったお話をします。

 

 

■医学的に葉酸がおすすめできる成分であるから

 

・効果があることが分かっている

 

医療機関には、医学的な知識が豊富な医師がいるのです。

 

妊娠中にどんな物質が必要になるのか、といったことも把握しています。

 

そして、葉酸がおすすめの成分であることもしっかりと把握しているのです。

 

だからこそ、医療機関では積極的に葉酸をおすすめしています。

 

 

・医療機関で葉酸が処方してもらえることはあるの?

 

医療機関によります。

 

しかし、以前よりは圧倒的に処方して貰える確率が高くなっていることは間違いありません。

 

多くの医師が葉酸の有効性を知っているからです。

 

医療機関で処方してもらった葉酸は平気なのか、と思うかもしれません。

 

その点は基本的に問題ありません。

 

ただ、医療機関に行かなければもらえない、といったデメリットがあります。

 

インターネット通販で購入できるものであれば、家に居ながらにして購入できますよね。

 

足りなくなったら、注文すれば2日後か3日後には届いているわけです。

 

また、医療機関で処方している葉酸に関しては保険適用外になってしまいます。

 

高額化するおそれがあるので注意してください。

 

かえって自分で購入したほうが安くつくこともあります。

 

値段を聞いてから処方してもらうのかを決めるのもおすすめですよ。

 

 

■医学的にも認められている葉酸の実力とは?

 

・奇形児・障害児の発生を抑える

 

誰にも可能性があるのが、奇形児と障害児です。

 

コレは確率論的なところも大きく関わっています。

 

ちなみに、近年は高齢出産の影響もあって、奇形児や障害児が多く生まれてしまっています。

 

特に、ダウン症になってしまう確率が上がっているのです。

 

しかし、葉酸にはそれらの奇形児や障害児を抑える力が認められています。

 

精度の高い研究が実施されており、奇形や障害のリスクが大きくダウンすることが分かっています。

 

葉酸を積極的に摂取して、お腹の中の子供の健康を守るべきです。

 

 

・血行を高めて母体の健康も高める

 

お母さんが健康でなければ、健康的な赤ちゃんが産まれて来ることはありません。

 

特に、葉酸には血行を高める、といった有効的な機能もあります。

 

血行が高まればお母さんも健康になり、胎児にも栄養が送られやすくなります。

 

そんな血行促進作用が葉酸にはあるのです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓