高齢者にも葉酸は必要|ボケの予防も期待できる!?

葉酸といえば、妊娠や出産を迎えている女性が摂取しているイメージが有ります。

 

しかし、高齢者にも必要な成分であることが少しずつ分かり始めてきたのです。

 

こちらでは葉酸の高齢者に対する働きについて解説します。

 

特に認知症になりたくない、と思っているのであれば、摂取がおすすめですよ。

 

 

■脳の萎縮を抑えられるのが葉酸

 

・認知症の予防効果あり

 

イギリスで行われた実験があるのですが、170人に対し1日あたり800マイクログラム摂取させる人々と取らない人々に分けて追跡調査を実施したのです。

 

その結果、葉酸を1日あたり800マイクログラム摂取した人々は、摂取しなかった人々に比べて脳の萎縮が抑えられた、といった結果が得られました。

 

脳の萎縮が抑えられたということは、脳の老化を抑えられた、といった結果にもなるわけです。

 

認知症を予防する効果が葉酸に認められたのです。

 

・社会的な問題を解決する力がある

 

今後は日本だけでなく、世界が超高齢化社会を迎えます。

 

高齢の人々が増えることで、認知症問題などが大きくなってしまう可能性があるわけです。

 

一方で葉酸は、医薬品でもありません。

 

食べ物からでも摂取できますし、サプリメントからでも摂取できるすぐれものなのです。

 

価格も高いわけではありません。

 

低コストで認知症予防ができる可能性があるので、積極的に利用されるようになるはずです。

 

 

■高齢者は食品からではなくサプリメントで葉酸を摂取すべき

 

・食品からの摂取は非効率的

 

若い時であれば、緑黄色野菜などの食品から葉酸を摂取することもおすすめです。

 

しかし、高齢になると、食品からの葉酸の摂取は難しくなるのです。

 

高齢者になると胃に問題が起こっているケースが多くなります。

 

胃の粘膜が炎症を越していることが多くなり、その場合は食品から葉酸を体に取り込みにくくなってしまいます。

 

詳しく解説すると、食べ物から葉酸を取り出して吸収させるためには酵素のペプシンが必要なのですが、その機能に問題が出てしまいます。

 

一方で、サプリメントから単体で葉酸を摂取すれば、特に分解する必要もありません。

 

そのまま体内に吸収すれば良くなるので、効率的に体に取り込めるわけです。

 

 

■高齢者の摂取の注意点はあるか?

 

・特に無し

 

安全性が高い成分なので、特に成分自体には問題がありません。

 

安心して体内に取り込めるのです。

 

ただし、胃腸が弱っていることもあるので、その様子を見ながら摂取して下さい。

 

過剰摂取はいけませんよ。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓