妊娠中だけ!?葉酸はいつまで摂ったのがいいのか?

葉酸は妊娠中に摂取したほうが良いことが知られています。

 

しかし、出産後に摂取するのもおすすめ、と言われているわけですよね。

 

こちらでは、葉酸の摂取はいつまで続けたほうが良いのか、といったことをお話します。

 

現在妊娠中で、いつまで摂取したらいいのかわからない、といった状態の方は必見です。

 

 

■葉酸は出産後もしばらくは飲むべき

 

・通常よりも摂取量が必要な時期は暫く続く

 

葉酸が最も必要な時期は妊娠中で間違いありません。

 

通常の推奨摂取量は240マイクログラムで、妊娠中は400マイクログラムが必要(1日辺り)とされているのです。

 

出産後は400マイクログラム必要なわけではありませんが、通常よりも多めの摂取量が必要な時期が暫く続く、といった状態が続くことになります。

 

特に授乳中の時期は必要とされるので、積極的に葉酸を多めに取りましょう。

 

・母乳の栄養にも関わる

 

葉酸を摂取することで、母体の状態が良くなるわけです。

 

血液なども製造されやすくなり、全身に栄養がしっかりと行き渡るようになるのです。

 

その結果、栄養価の高い母乳が出るようになったり、母乳がたくさん出るようにもなります。

 

最近では、子供を母乳で育てたい、と望んでいる女性も多いですよね。

 

そんな時にも、葉酸は大いに役立ってくれるわけです。

 

 

■日常的に摂取したほうが良い人もいる!

 

・野菜をほとんど食べない人
・レバーが苦手な人

 

偏食気味である場合には、妊娠とか関係なく葉酸を摂取したほうが良いです。

 

野菜やレバーを食べない方は、基本的に葉酸不足に陥っているケースが極めて多くなっています。

 

野菜が嫌い
レバーが食べられない

 

こんな状況に陥っている方は、健康を維持するためにも積極的に葉酸をサプリメントで摂取して下さい。

 

ちなみに、長期的に摂取したとしても、特別マイナスの作用があるわけではないので安心して下さいね。

 

・貧血が起こっている人
・口内炎がなかなか治らない人

 

このようなケースに関しても、基本的に葉酸不足に陥っているケースが多いわけです。

 

葉酸には造血作用があるので、貧血に対応できます。

 

また、葉酸には細胞分裂を活発化させる作用があります。

 

傷の治りが早くなる、といった作用があるわけです。

 

仮に、貧血がよくおきる、口内炎がなかなか治らない、といった方は葉酸不足になっている可能性が極めて高くなります。

 

普段お食生活では足りていない、と考えられるので、積極的にサプリメントで葉酸を体内に補給して下さい。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓