葉酸が不足していると傷の治りも遅くなる!

葉酸の不足は体に大きな影響を与えてしまいます。

 

実は、体に出来た傷の治りまで遅くなってしまうのです。

 

いつまでもかさぶたが出来たままになっていたり、口内炎がなかなか治らない、といった状況になっていませんか。

 

もしかしたら葉酸不足かも知れませんよ。

 

こちらでは葉酸不足と傷の治りの関係性についてお話します。

 

 

■アミノ酸が生成されにくくなってしまう

 

傷を修復する細胞が足りなくなる

 

我々の体に深い関わりあいがあるのがアミノ酸です。

 

必須アミノ酸と非必須アミノ酸がありますよね。

 

・必須アミノ酸・・・食べものや飲み物からでしか摂取できないアミノ酸
・非必須アミノ酸・・・体内で作り出せるアミノ酸

 

アミノ酸は我々の替えアダの今ポイント言っても良いかもしれません。

 

そもそも細胞を創りだすのに大きな役割持っているのです。例えば、髪の毛の主原料はタンパク質ですよね。

 

しかし、タンパク質だけでは髪の毛は作られないのです。

 

そこにアミノ酸が関わって初めて髪の毛になるわけです。

 

そのアミノ酸ですが、葉酸が大きな働きを持っています。

 

葉酸が不足すると、アミノ酸の生成も行われなくなってしまうのです。

 

我々の身体は日々傷ができているわけですが、その度に修復されています。

 

だからこそ健康的に生活しているわけです。

 

しかし、葉酸が減ることで、細胞が作られにくくなると、傷の治りが圧倒的に遅くなってしまうのです。

 

傷を修復するために必要不可欠なアミノ酸が足りないからです。

 

・口内炎は葉酸不足のサイン

 

アナタは口内炎が出来やすいでしょうか。

 

実は初期の葉酸不足で起こりやすいのが、口内炎なのです。

 

口内炎が出来てしまうのは、誰でもありえます。

 

しかし、なかなか治らない、といったこともありますよね。

 

そんな時は、葉酸不足を疑って下さいね。

 

ちなみに口内炎程度で対処できれば、まだ初期なので問題ありません。

 

十分に回復できます。

 

 

■葉酸不足が深刻化するとどうなってしまうのか?

 

・胃潰瘍を起こしてしまうかも

 

遺産によって刺激を受けているのが居なのですが、仮に葉酸不足でアミノ酸が作られなくなると、胃の粘膜にも傷がついて、治らなくなってしまいます。

 

その結果として、胃潰瘍を起こしてしまう可能性が出てくるのです。

 

胃潰瘍ともなると、体全体にも大きな影響を与えてしまいます。

 

しっかりと治さなければ、葉酸不足程度ではすまなくなるかもしれません。

 

胃潰瘍になる前に、葉酸不足を解消して傷の治りを早くさせて下さいね。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓