妊娠中に気をつけたい食べ物|避けるべき食べ物がこれだ!

妊娠中は少しでも母体を健康的な状態にしておかなければなりません。

 

母体が不健康になってしまっては、赤ちゃんにも何らかの症状が現れてしまうかもしれません。

 

こちらでは妊娠中には食べるべきではない食材について解説します。

 

あなたの好きなモノが入っている場合には気をつけてくださいね。

 

妊娠中だけでも我慢してください。

 

 

■アルコールとタバコは絶対にダメ!

 

「タバコはダメだろうけど、アルコールなら良いんじゃないの?」

 

こんな考え方を持っている方は非常に危険です。

 

アルコールに関しては、胎児の奇形を招いてしまうこともあります。

 

さらに発達障害を引き起こしてしまうこともあるほどなのです。

 

特に妊娠5週目前後にアルコールを摂取してはいけません。

 

特にお酒の影響が強く出る時期とされています。

 

タバコは、妊娠を期に辞めるべきです。

 

タバコを吸うと、早産や流産、発達異常といったものが起こってしまう確率が飛躍的に高まるのです。

 

そもそもタバコを吸うと、ニコチンを摂取することになります。

 

ニコチンには、血管を収縮させてしまう機能が認められているのです。

 

血管が収縮されてしまうことになれば、赤ちゃんに送られる栄養が少なくなってしまうわけですよね。

 

母体から血液によって栄養が送られていますから。

 

未熟児の状況で生まれてきてしまう確率が高まってしまうのです。

 

そもそも入院中はタバコを吸えなくなるので、妊活の時点で禁煙を成功させておきましょう。

 

 

■うなぎを食べると先天性異常の可能性あり!

 

・栄養が豊富にも思える「うなぎ」にも注意せよ

 

うなぎに含まれている栄養素のビタミンAが大きな問題を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

ビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんに先天性異常のリスクが出てしまいます。

 

そもそもうな重1杯程度で、1日のビタミンAの許容範囲程度になってしまうわけです。

 

他の食品でもビタミンAを摂取することになるので、やはり食べるのは控えたほうが良さそうです。

 

どうしても食べたいのであれば、半分程度に抑えましょう。

 

 

■珈琲や紅茶の飲み過ぎには注意

 

・1杯から2杯程度までにすること

 

1日あたり3はいや5杯も飲んでしまうと、問題が出てくるとされています。

 

コーヒーやお茶などにはカフェインが含まれており、興奮作用があるわけです。

 

少量のコーヒーであればストレス対策にもなりますが、大量に飲んでしまうと、利尿作用が強くでてしまったり緊張度が高まり、かえってストレスを高めることにもなりかねません。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓