妊娠中だけじゃない!?産後にも葉酸が必要!

葉酸といえば、妊娠中に主に必要な成分として知られています。

 

妊婦さんの多くが葉酸サプリを利用しているわけです。

 

しかし、妊娠中以外にも葉酸は大きな働きをしてくれます。

 

こちらでは、産後と葉酸摂取の関係性についてお話します。

 

産後にも葉酸を摂取すべき理由を確認してくださいね。

 

 

■母親の母乳に質が良くする葉酸

 

・赤ちゃんは母乳から葉酸を摂取する

 

葉酸には成長を加速させる、といった効果があるわけです。

 

胎児の時には猛烈な勢いで細胞分裂をして成長しているわけです。

 

本当に小さかった胎児があっという間に50センチ程度まで大きくなるわけですよね。

 

その成長を抱えているのが葉酸です。

 

生まれからも、赤ちゃんは細胞分裂を繰り返し急スピードで大きくなります。

 

しかし、赤ちゃんは自分奥地から葉酸を摂取できるでしょうか。

 

無理ですよね。

 

そこで大事になってくるのが母乳なのです。

 

お母さんが葉酸サプリを利用して、葉酸を摂取するわけです。

 

その葉酸が母乳となって、赤ちゃんに供給されることになります。

 

その結果、赤ちゃんの成長が手助けされる、といった状態になるわけです。

 

赤ちゃんが大きくなるためには、母乳の栄養素に関わっています。

 

栄養素を高めてやるためにも出産後もしばらくは葉酸サプリを摂取してくださいね。

 

 

■厚生労働省による葉酸摂取の推奨量に注目

 

・通常時の摂取量・・・1日あたり200マイクログラム程度
・授乳時の推奨摂取量・・・1日あたり280マイクログラムから500マイクログラム

 

厚生労働省では妊娠中や出産後についても1日あたり400マイクログラム程度の摂取がおすすめであることを公表しています。

 

国の公的な機関が葉酸の効果を認めているわけです。

 

ちなみに1日の上限摂取量については、1日あたり1,000マイクログラムです。

 

一般の葉酸サプリでは、1,000マイクログラムを摂取することはないので安心してください。

 

 

■授乳時は母乳と粉ミルク、どちらを与えるべき?

 

・母乳のほうが栄養を吸収しやすい

 

粉ミルクを与えるママも多いわけですが、母乳の方が良い、といったことが知れ渡ってきています。

 

以前と比べて母乳派が増えてきている事実もあるのです。

 

母乳であると、葉酸のようにしっかりとした栄養素が含まれている、といったメリットも有ります。

 

豊富な栄養を摂取しているママの母乳であれば、粉ミルクに勝るとも劣りません。

 

粉ミルクにはデメリットも有ります。

 

添加物が含まれているケースも有り、赤ちゃんにアレルギー症状がでてしまうこともあるのです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓