コーヒーはダメ?妊娠したいならカフェインを控えよう

コーヒーが好き、なんて方は多いかもしれません。

 

毎朝の一杯で頭がすっきりする、なんてこともありますよね。

 

コーヒーには利尿作用があるので、女性の中にはむくみ防止のために飲んでいる、といった方もいるかもしれません。

 

そんなコーヒーですが、カフェインといった物質が含まれています。

 

実は、そのカフェインが妊娠で問題視されているのです。

 

こちらではカフェインと妊娠の関係性について明らかにします。

 

 

■カフェインは胎児に対しても影響を与えやすい物質である!

 

・胎児も覚醒や興奮作用にさらされてしまう

 

赤ちゃんは体の奥にあるので、コーヒーを飲んだとしても特に影響はない、と思っている方が多いかもしれません。

 

しかし、カフェインには恐るべき特性があるのです。

 

カフェインは、胎盤を通り抜けやすい、といった特徴があります。

 

ですから、お母さんが飲んだカフェインが子供のところまで到達しやすいわけです。

 

そして驚くことに、母体と胎児がさらされるカフェインの濃度はほぼ一緒になってしまいます。

 

母体は大きいので影響が少ないわけですが、胎児は身体も小さいですよね、より強い刺激にさらされてしまう、と考えて間違いありません。

 

胎児が実際にさらされてしまう影響ですが、中枢神経が覚醒してしまったり、興奮してしまったり、といったことです。

 

なるべくリラックスした状態が良いのですが、そんなことは許してもらえません。

 

中枢神経に刺激を受けた赤ちゃんは、結果的に発育状態に問題が出てきてしまうのです。

 

結果的に、未熟児で生まれてきてしまう、といったリスクも生じてしまいます。

 

 

■母体にも悪影響を与えてしまうカフェイン

 

・カルシウムや鉄分に問題が出てきてしまう

 

母体の健康に大きく関わっているのが、カルシウムや鉄分ですよね。

 

骨と血液は身体の根幹なわけです。

 

しかし、カフェインを摂取するとそれらの成分にも問題が生じてしまうことがわかってきました。

 

カルシウムですが、利尿作用があることにより、尿から排出されてしまうのです。

 

せっかく摂取したカルシウムであったとしても、使わるべきことに使われずにでてしまっては摂取した意味もなくなってしまいます。

 

鉄分に関しても、カフェインと関係性が深いタンニンによって吸収されにくくなってしまいます。

 

鉄分が入っているサプリメントや食事をしたとしても、体内に吸収される、造血作用が得られないのです。

 

その結果として、貧血が待っています。

 

コーヒーを全く飲んでいけないわけではありませんが、量は減らしてください。

 

1日あたり1杯から2杯程度にすべきです。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓