葉酸のすごすぎるパワー|染色体異常を防ぐ効果について

葉酸は妊娠中などに非常に効果を発揮する成分として注目を集めています。

 

実際に、多くの方が利用しており、その力の恩恵を受けているんですよ。

 

こちらでは葉酸の効果の一つである染色体異常の予防についてお話します。

 

実際に効果があるのでしょうか。

 

そして、どのような効果が期待できるのでしょうか。

 

 

■染色体異常はどんな影響を与えてしまうのか?

 

・ダウン症を招いてしまう

 

子供が障害を持ってしまう可能性が高いのです。

 

障害を持ってしまうことで、初期流産をおこしてしまう確率がアップします。

 

せっかく妊娠したとしても出産できなくなってしまうわけです。

 

そもそも、流産のほとんどが妊娠初期に起こる初期流産です。

 

染色体異常はその大きな割合を占めることでも知られています。

 

染色体異常を防ぐことができれば、お子さんを健康的に産むことが出来るわけです。

 

※染色体異常と似ているものに先天性異常といったものがあります。

 

先天性異常に関しては奇形の原因となります。

 

先天性異常と葉酸の関係についても後ほど解説します。

 

 

■葉酸が染色体異常を予防するのは本当か?

 

本当です。

 

海外では葉酸の積極的な研究が実施されており、その効果が認められました。

 

実は近年まで染色体異常は葉酸では予防できない、といった意見が強かったのです。

 

しかし、医学誌にある論文が掲載されてからその流れが大きく変わりました。

 

葉酸にダウン症予防効果があることがはっきりと認められたのです。

 

まだまだ認知度が低いことですが、お子さんが染色体異常になら内容にするためにも妊娠前から葉酸を取り入れましょう。

 

ちなみにお子さんへの障害の発生を減らすためには、妊娠初期や妊娠前に葉酸を摂取することがおすすめ、とされています。

 

飲み始めが遅れてしまわないように注意してくださいね。

 

 

■葉酸で予防できる先天性異常

 

先天性異常に関しては、昔から葉酸に予防効果があることが分かっています。

 

奇形児の発症を少なく出来る効果が葉酸にはあると認められているのです。

 

ある研究では、先天性異常のリスクが約7割も減りました。

 

厚生労働省が葉酸の摂取を進めているわけですが、実際に効果があるからにほかなりません。

 

葉酸不足にならないためにも妊活中は積極的に葉酸を摂取しましょう。

 

もちろん食べ物からも摂取できますが、食べ物からだと不安定です。

 

毎日一定量が摂取できるサプリメントの利用をおすすめします。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓