妊娠しやすい体作りの方法|受動喫煙や食事について

妊娠をするためには、準備が必要です。

 

若い時であれば簡単に妊娠できるかもしれません。

 

しかし、30代後半に入ってくると徐々に妊娠率も落ち込んでくるのです。

 

高齢出産をするためにも、こちらでは妊娠しやすいからだづくりについてお話します。

 

生活習慣を替えるのは難しいかもしれませんが、赤ちゃんを授かるためだと思って頑張りましょう。

 

 

■タバコと妊娠の関係性

 

・受動喫煙も妊娠に大きく関わってしまう

 

自分はタバコを吸っていないけど、旦那が吸っている、といったケースもあると思います。

 

実は受動喫煙であったとしても妊娠に対するリスクが有ることがわかっているのです。

 

自分は吸っていなかったとしても、パートナーが吸っているといろいろと問題が出てきてしまうかもしれません。

 

 

・過去の喫煙経験と妊娠の関係性

 

過去に喫煙習慣があった女性が不妊症になる確率は、喫煙習慣のなかった方に比べると14%も高いことが分かったのです。

 

さらに、50歳までに自然閉経を迎ええるリスクが26%高いことが分かりました。

 

喫煙をしていると妊娠しにくい体質になってしまうわけです。

 

タバコを吸っていなければ妊娠出来ていたかもしれないのに、妊娠できなくなってしまうかもしれません。

 

ただし、若い時にタバコを辞められていれば、それ以上、体質が悪化することはないわけです。

 

妊娠しやすい体質を得られる確率もアップします。

 

今からでも遅くはないので、妊活の一環としてタバコを辞めましょう。

 

自分がやめたとしても、パートナーがやめていなければ意味がありません。

 

パートナーにも妊活の一環として禁煙して貰えるべきです。

 

妊活が折角の機会になる、といった頃もありますよね。

 

これを期にタバコをやめる、といったことも考えるべきですよ。

 

 

■体を温めるものを食べて妊活を成功させよう

 

・身体を温めることが妊娠にプラスとなる

 

体を冷やしてしまうのは大きなリスクがあると考えて間違いありません。

 

身体が冷えるということは、血行が悪いことも意味しています。

 

全身に栄養を送っているのが血液なので、全身に栄養が行き渡りにくくなってしまうのです。

 

その結果、子宮などにも問題が生じてしまい、妊娠できる環境が整わなくなります。

 

 

・どんな食べ物が体を温めるのか?

 

まずは温かい料理を食べる、といったことが大事です。

 

胃腸を温めることが冷え性の防止につながります。

 

また野菜であれば、なるべく土の中に出来るものを食べる、といったことがおすすめです。

 

にんじんやネギといった食べ物は、体を温めてくれます。

 

積極的に食べましょう。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓