葉酸は水や熱に弱い@加熱すると成分が失われるって本当なの?

葉酸を摂取することは、妊娠前後の女性にとって非常に大切なことです。

 

しかし、摂取する方法についてよく考えるようにしないと、正しく摂取することができなくなります。

 

特に、毎日の食事で葉酸を摂取しようとしているときには、注意しなければならないことがあるのです。

 

それは、葉酸というのは水や熱に弱いという性質を持っていることです。

 

食材を調理する際は、ほとんどの場合に水を使ったり、火を通したりします。

 

このような形で調理してしまうと、水や熱に弱い葉酸の栄養は失われてしまうのです。

 

栄養素を失わせないように食べる方法を考えなければなりません。

 

葉酸が多く含まれている食材としては、野菜が挙げられます。

 

野菜を食べる際には、できるだけ生のまま食べるようにすることが大切です。

 

サラダにすれば、水洗いをするだけで済むため、栄養を損なわない状態で食べることができます。

 

他にはフルーツにも葉酸が含まれていますが、フルーツの場合は皮をむいて食べるのがオススメです。

 

野菜やフルーツの多くは加熱処理をしない状態で食べることができるため、調理方法について悩むことは多くありません。

 

問題となるのは、加熱しなければ食べられない食材で葉酸を摂取しようとするときです。

 

たとえば、葉酸を摂取したい人にオススメの食材として、ホウレン草が注目されています。

 

しかし、ホウレン草を食べるときには茹でることが多いです。

 

茹でてしまうと、ホウレン草に含まれている葉酸が半分近くも失われてしまうことが分かっています。

 

葉酸はビタミンなので、加熱することによって損なわれてしまうのです。

 

そして水溶性という性質であるため、大量の水を使うと溶け出してしまいます。

 

調理して野菜を食べる場合は、豆類のように水に葉酸が溶け出しにくい性質のものを選ぶようにするとよいです。

 

ただし、葉酸が水や熱に弱いからといって、加熱したことで全ての成分が失われてしまうわけではありません。

 

加熱する際に熱を通しすぎないように気をつけていれば、損なわれてしまう栄養を最小限に抑えることができます。

 

野菜の場合、生のまま食べるよりも調理をしてからの方が食べやすくなるので、上手な調理方法を身につけておくことが大切です。

 

先述のホウレン草であれば、溶け出した葉酸も一緒に摂取することができるように、ホウレン草だけを食べるのではなく、スープなどにしてしまう方法が有効だといえます。

 

他にも気をつけなければならないことがあります。

 

それは葉酸が水や熱に弱いだけでなく、酸化することにも弱いという点です。

 

加熱する時間を短くするなど、注意深く調理をしていたとしても、食べ始めるまでに長い時間が空いてしまうと酸化が進み、せっかく残すことができた葉酸がなくなってしまいます。

 

このように、食材の葉酸が損なわれないように適切な調理をして食べるということは、決して簡単ではないということが分かります。

 

効率的に葉酸を取り入れるには、食材だけで何とかしようとするのではなく、葉酸サプリを上手に活用していくことが大切です。

 

調理の手間をかけて食事をしても、加熱したことで多くの葉酸が失われてしまうわけですから、葉酸を摂取する方法として効率的とは言いがたいです。

 

加熱で成分が失われるということを知らなかった人は、食材を食べることで十分に葉酸を摂取できていたつもりでいても、実際にはほとんど摂取できていなかった可能性があります。

 

肉や魚にも葉酸は含まれていますが、肉や魚は野菜以上にしっかりと熱を通して食べるものなので、かなりの葉酸が減ってしまっていると考えられます。

 

言うまでもなく、葉酸を損ないたくないからといって、不十分な加熱で肉を食べることは危険です。

 

重要なことは、葉酸の性質を正しく理解して、どのように摂取するのがよいかを考えていくことです。

 

葉酸が熱によって失われやすいということを理解していれば、生の状態のまま食べることができる食材を選ぼうという気持ちになります。

 

野菜やフルーツが好きな人は、葉酸を摂取しやすいといえます。

 

また、飲みやすい葉酸サプリを探してみようと考えることもできるのです。

 

ただし、どうすれば調理をするときに葉酸を減らさずに済むかを考えてみることにも意義があるので、加熱してしまったら食べる意味がないと思うのは早計です。

 

過剰に加熱してしまうようなことがなければ、葉酸が完全に失われてしまうということはありません。

 

葉酸は水・熱・酸化の3点に弱いわけですが、もう1つ気をつけておいた方がよい点があります。

 

それは、食材を保管するときのことです。

 

葉酸は、日光にもあまり強くありません。

 

日光が当たりやすいところで保管し、調理で過熱し、時間が経ってから食べるということになってしまうと、ほとんど葉酸が残っていない食材を食べているに等しいです。

 

食材を購入したときは、すぐに調理するものだけを出しておいて、残った部分は冷蔵庫に入れて保管することが大切です。

 

 

人気の葉酸サプリを実際飲んだ体験談↓↓